ずっと必要な存在です|nlpトレーナーになってコミュニケーション術を身に付ける

nlpトレーナーになってコミュニケーション術を身に付ける

ずっと必要な存在です

ウーマン

なりたいを早く実現

言語聴覚士の資格を最短で取得したい場合は、国が指定した学校へ入学し、卒業と同時に国家資格受験資格を得るのが一番です。学校では、コミュニケーション障害の病態、医学的処置はもちろんのこと、人の気持ちを理解する心理学、ことばや発声のしくみの言語学など多岐にわたり勉強します。学校を卒業し、資格を取得した後は、安定した就職率という実績があります。脳卒中などの脳障害により言葉が離せなくなった方のサポートはもちろん、お年寄りだけではなく子どもへのサポートする仕事も今増えています。発達障害により、言葉の取得が遅かったり耳に障害がある子へサポートや吃音がある子への訓練など、早期のサポートの重要性が高いことがわかっています。また、言語聴覚士は国家資格であり、出産、結婚などで、一時的に職をはなれても、再就職がしやすいことも特徴です。

ずっと必要な存在

言語聴覚士は、これからもずっと必要な職業です。セルフレジなど、機械化が進むスーパーや事務作業とは異なり、人の気持ちをくみ取り、サポートする仕事はこれからも必要です。就職に困らないこともポイントですが、何よりも言語聴覚士は人から感謝されるやりがいのある仕事です。担当していた患者さんが回復することも喜びの一つになります。もちろん症状がなかなか改善しない方も中にはいるかもしれませんが、その中での感謝されることというのは、仕事のモチベーションにもつながります。女性が多いイメージがありますが、最近では男性の活躍も目立ってきています。学校だけで学びが終了ということはなく、コミュニケーションや福祉などさまざまなジャンルについて就職してからも学び、成長していける職業です。